neocomplcache.vim で Omni(オムニ)補完の設定を変える

キーワード補完 Vim プラグインの "ネオコン" こと neocomplcache で css を編集している時の Omni(オムニ)補完の補完候補の出るタイミングが自分の好みと合わなかったので({ の直後に補完候補が出てしまい、改行後に } を入力しても移動してくれず、インデントが崩れる。)、設定を変えてみた。

正規表現がテキトーだけど、希望通りの動作になってくれた。

if !exists('g:NeoComplCache_OmniPatterns')
    let g:NeoComplCache_OmniPatterns = {}
endif
let g:NeoComplCache_OmniPatterns['css'] = '\v^\s+\w+|\w+[):;]?\s+|[@!]'

ネオコン、以前のバージョンよりもキャッシュされるのが速くなってきた。

コメント

neocomplcacheの作者のShougoです。お久しぶりです。
CSSのOmni補完のタイミングに問題があると言うことですが、私があまりCSSを書かないせいで、うまく検証していません。
次のバージョンで修正したいと思います。

>ネオコン、以前のバージョンよりもキャッシュされるのが速くなってきた。
Ver.2.58より、新しい単語を入力したらすぐにキャッシュするようになったからです。通常のキーワード補完補完のように、キャッシュされていることを考えずに補完ができるようになったはずです。

コメント by Shougo | 2009年7月18日 - 14:28

こんにちは、コメントありがとうございます。
いつも neocomplcache を使わせていただいています。

CSSのOmni補完のタイミングですが、問題という程のものではなくて、私がCSSを書く際に {} を先に書く、という個人的なスタイルと標準の補完タイミングとが合わなかったという程度のものです。

コメント by iNo | 2009年7月18日 - 22:07
Top