WordPress でブログの各アドレス情報を取得・表示する

比較的よく使いそうなブログのアドレス情報の取得の仕方をメモしておく。

以下の例に使用するサンプルアドレス。ブログのアドレスを WordPress をインストールしたディレクトリとは別のディレクトリに設定していると想定する。
http://hoge.com/wordpress/wp-content/themes/foo

bloginfo() を使った場合、取得したデータはそのまま表示される。
データを変数に代入することはできない。

bloginfo('name'); // ブログタイトル
bloginfo('url'); // ブログ URL : http://hoge.com
bloginfo('wpurl'); // wordpress ディレクトリ URL : http://hoge.com/wordpress
bloginfo('template_url'); // テンプレートファイル URL : http://hoge.com/wordpress/wp-content/themes/foo
bloginfo('stylesheet_url'); // style.css ファイル URL : http://hoge.com/wordpress/wp-content/themes/foo/style.css
bloginfo('stylesheet_directory'); // style.css ファイルのあるディレクトリの URL : http://hoge.com/wordpress/wp-content/themes/foo
bloginfo('template_directory'); // 使用中のテンプレートファイルのあるディレクトリの URL : http://hoge.com/wordpress/wp-content/themes/foo

get_option() を使った場合、取得したデータはそのままでは表示されない。表示させる場合は echo などを使う必要がある。
取得したデータは変数に代入して使用することができる。

echo get_option('home'); // ブログ URL : http://hoge.com
echo get_option('siteurl'); // wordpress ディレクトリ URL : http://hoge.com/wordpress
echo get_option('blogname'); // ブログタイトル
echo get_option('template'); // テンプレート名 foo

参考:テンプレートタグ/bloginfo – WordPress Codex 日本語版
   Function Reference/get option « WordPress Codex

コメント

[…] Serendip WS:WordPressでブログの各アドレス情報を取得・表示する カテゴリー: コアシステム   パーマリンク ← WordPress で全てのユーザー情報を取得する関数は get_users カスタム投稿 […]

Top