Rails I18n generators でロケールファイルを生成する

I18n generators でロケールファイルを自動生成して、プロジェクトの日本語化(多言語化)を行う。

I18n generators をインストール

gem で git リポジトリからインストールする。

$ sudo gem source -a http://gems.github.com
http://gems.github.com added to sources
$ sudo gem install amatsuda-i18n_generators
Successfully installed locale-2.0.5
Successfully installed gettext-2.1.0
Successfully installed amatsuda-i18n_generators-0.6.0
3 gems installed
Installing ri documentation for locale-2.0.5...
Installing ri documentation for gettext-2.1.0...
Installing ri documentation for amatsuda-i18n_generators-0.6.0...
File not found: lib

i18n_generators で scaffold を作成

$ ruby script/generate i18n_scaffold project title:string

ActiveRecord/ActiveSupport/ActionPack の日本語ロケールを生成

バリデーションのメッセージや単位、年月日、曜日などが翻訳される。

$ ruby script/generate i18n_locale ja

config/locales/ja.yml が生成される。
変更を適用するにはサーバを再起動する。

モデルやビューの属性の翻訳ファイルを生成

$ ruby script/generate i18n_translation ja

config/locales/translation_ja.yml が生成される。
変更を適用するにはサーバを再起動する。

ja.yml と translation_ja.yml を両方生成

$ ruby script/generate i18n ja

config/locales/ja.yml と config/locales/translation_ja.yml が生成される。
変更を適用するにはサーバを再起動する。

その他の Rails 日本語化について
Rails 2.3.5 で i18n を使ってメッセージを日本語化する
Rails アジャイル本 第13章 タスクI:国際化(ロケールの追加)


参考:amatsuda’s i18n_generators at master – GitHub
   i18n_generatorsのご紹介

コメント

[…] 引用元: Rails I18n generators でロケールファイルを生成する : Serendip – Webデザイン・プログラミング. This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. […]

Top