JavaScript HTML5 DOM Storage

DOM Storage 属性・メソッド

length
格納されているデータの数(unsinged long)を返す、読込専用属性。
key(index)
インデックス(unsinged long)を引数として、対応する格納データ文字列を取得する。
格納されているキーとデータのペアの数以上のインデックス値を渡すと null を返す。
getItem(key)
キー文字列を引数として、対応する格納データ文字列を取得する。
キーが存在しない場合 null を返す。
プロパティアクセスでも処理可能。

var val = localStorage.key;
setItem(key, data)
キー文字列と格納するデータ文字列を引数として、データを保存する。
プロパティアクセスでも処理可能。

localStorage.key = data;
removeItem(key)
キー文字列を引数として、対応する格納データ文字列を削除する。
対応するキーがない場合は何もしない。
clear()
全てのキーとその対応データを削除する。
データがない場合は何もしない。

ブラウザで Storage データを削除

Firefox では "Tools" → "Clear Recent History…" の Cookie の削除で "Time range to clear" の "Everything" を選択して実行すると削除できる。

Google Chrome では、"オプション" → "高度な設定" → "プライバシー" → "閲覧履歴データの消去…" から "Cookie と他のサイトのデータを削除する" にチェックを入れて実行すると削除できる。


参考:DOM Storage – MDC
   Web Storage

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

Top