Spotlight 検索のデベロッパを無効にする

El Capitan(10.11)、Sierra(10.12)で Spotlight の検索結果に『デベロッパ』の項目がずらっと表示されて使いづらいのでこの項目を消す方法を調べた。
Spotlight のスクリーンショット

Xcode.app をインストールすると『デベロッパ』の項目が表示されるようになるらしいが、自分の Mac には Xcode.app はインストールしておらず Command Line Tools for Xcode のみをインストールしていた。
そのため、Xcode.app をインストールしていれば『システム環境設定』の『Spotlight』のパネルに『デベロッパ』のチェックが表示されるようだが、Command Line Tools for Xcode しかインストールしていなかったために設定項目が表示されず常に『デベロッパ』の検索結果が表示されるようになっていた。
Spotlight の設定パネルのスクリーンショット

Xcode.app をインストールすれば『デベロッパ』の設定項目は表示されるようだが、そのためだけに Xcode.app をインストールするのも嫌なので、何かいい方法は無いかと探したら /Applications ディレクトリに Xcode.app という名前の空ファイルを作るだけで設定項目に『デベロッパ』が表示されることがわかった。

$ touch /Applications/Xcode.app

Spotlight の設定パネルのスクリーンショット

これで『デベロッパ』の設定項目が出てくるので、チェックを外せば Spotlight の検索結果から『デベロッパ』の項目が消える。
Spotlight のスクリーンショット

設定変更後は /Applications/Xcode.app は削除しておく。

$ rm /Applications/Xcode.app

参考:How to Disable Developer Search Results in Spotlight on a Mac

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

Top