WordPress での自動アップグレード (xrea サーバ)

xrea サーバで WordPress のプラグインの自動アップグレードを行う方法について。

初期状態では『ディレクトリが見つかりません』と表示されてエラーになってしまうので、wp-config.php に以下の記述を追加しておく。

define('FTP_BASE', '/vertual/account/public_html/wordpress/');
define('FTP_CONTENT_DIR', '/vertual/account/public_html/wordpress/wp-content/');
define('FTP_PLUGIN_DIR', '/vertual/account/public_html/wordpress/wp-content/plugins/');

また、xrea サーバは PHP がセーフモードで動作しているので、以下の記述を追加した .htaccess ファイルを wp-admin/ ディレクトリに配置する。

<Files upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

以上の設定を行い、プラグインの管理ページからアップグレードするプラグインの自動アップグレードリンクをクリックする。
プラグインのアップグレードページの接続情報で、ホスト名に ftp サーバのアドレスを、ユーザー名を FTP ユーザー名を、パスワードにサーバのパスワードを入力し、開始ボタンをクリックすると、アップグレード作業情報が表示されながら進行してゆきアップグレードが完了する。

その他の .htaccess 設定

xrea サーバで WordPress のその他のアップグレード・インストール・アップロードのための .htaccess の設定方法は以下の通り。
wp-admin/ ディレクトリの .htaccess に各記述を追加する。

WordPress コアアップグレード

<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

WordPress ファイルアップロード

<Files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

プラグイン自動インストール

<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
コメント

この記事へのコメントはまだありません。

Top