GNU Screen と iTerm と vim で全角記号がズレる問題を解決

iTerm と vim で全角記号を使うと表示がズレる問題は、iTerm の "Double-Width Characters" 設定や、vim の ambiwidth 設定で解決したが、GNU Screen (4.0.3) を使って vim で編集すると全角記号はズレてしまう。

GNU Screen (4.0.3)

そこで、GNU Screen (4.1.0) に『screen 4.1.0 で日本語の表示がおかしくなる件 – @togino77』のパッチを当ててビルドして使ってみた。

パッチファイル:fix_screen_ambiguous.patch

$ git clone git://git.savannah.gnu.org/screen.git
$ cd screen/src/
$ patch -u < ~/Downloads/fix_screen_ambiguous.patch
$ autoconf
$ autoheader
$ ./configure --enable-colors256
$ make
$ sudo make install
$ screen -v
Screen version 4.01.00devel (GNUb8d11d7) 2-May-06

パッチを当ててビルドした GNU Screen (4.1.0) を使うと、全角記号のズレが無くなった。

GNU Screen (4.1.0)


参考:screen 4.1.0 で日本語の表示がおかしくなる件 – @togino77
   縦割り分割できるscreen 4.1 をOSX lionにいれてみた – ゆうたんの独り言

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

Top